わんまいる 評判|「便利です」「味がいい」「メニューが豊富」

わんまいる 評判|「便利です」「味がいい」「メニューが豊富」

【わんまいる】の評判は<味>の評価が高いんです!

 

■【わんまいる】を監修する料理人はTV「どっちの料理ショー」でおなじみの近藤先生!

わんまいるの監修を行うのが、TV「どっちの料理ショー」でおなじみの近藤先生。

 

近藤先生いわく食材との出会いは、一期一会。人との出会いにつながるものがある、とのこと。

 

だから一つ一つの食材を大切にして、その素材が持つ本来の味を引き出すために日本食の基本的な考え方である「引き算」に心を配っています

 

自分の作った料理で一人でも多くの方に喜んでもらいたい。。。それが私の原点と調理の匠 近藤先生は語ります。

 

■【わんまいる】を監修する管理栄養士は大阪の医療専門学校講師の湯川先生

大阪の医療専門学校講師でもあり本も出版するなど著名な管理栄養士 湯川先生が監修。

 

味、栄養ともに申し分ない旬の食材を使いながら、ご家庭では難しい栄養バランスを実現しています。

 

高齢化社会では、今後ますます健康を意識した惣菜が増えていきます。わんまいるのお客様にとって、おいしくて、健康という惣菜をどんどんカタチにしていきたい」、と湯川先生は語ります。

 

> 詳しい内容はこちらを


 

 

 

■全国対応の【わんまいる】は一品おかずから夕食セットまで

【わんまいる】は、一流の料理人管理栄養士が作る旬の食材を使った、テレビCMでおなじみの「夕食おかずセット」をはじめ、全国各地の「旨いもの」をお届けしています。

 

初めての方は、【わんまいる】の大人気夕食おかずセット「わたしの健幸ディナー」お試しセットから始める人が多いですよ。

 

【わんまいる】の夕食おかずは、これまでに350,000食以上販売されている実績ある食材です。

 

口コミでも評価の高い【わんまいる】の宅配おかずの特徴は、何といっても<味>だと思います。数ある宅配食のなかでも、これほどバラエティーに富み、舌を満足させるものはあまりないのでは。

 

その証拠に、【わんまいる】はNHKをはじめ、朝日放送ラジオ日本新潟テレビ21など、多くのマスコミで紹介されているんです!

 

夕食宅配の会社は大競争時代を迎え、お値段も次第に横並びになりつつある中、最後は、やはり<味>が決め手になるはず

 

多くの利用者が高い継続率を維持しているのが何よりの証明です!

 

> 詳しい内容はこちらを

 

 

 

 

 

■まずは【わんまいる】「お試しデリカ10食セット」がおすすめ!

> 詳しい内容はこちらを


 

 

 

■【わんまいる】利用者の声が続々と届いています!

知多市 T様
仕事で帰りが遅くなる日もあり、帰宅してから晩御飯の用意をする時間がありません。主人に料理を作ってあげる事が出来ない時にわんまいるさんの夕食おかずセットをチラシで拝見し注文してみたところ、調理が便利なのと、個食になってて食べ切りサイズがうれしいです。添加物や保存料を一切使ってないとこが安心できます。
冷凍の味には不安がありましたが、本当においしくびっくりしました
最初のきっかけは便利さで利用してましたが、最近では 継続して食べてる内に体の調子も良くなり、便利さと健康的で毎週楽しく 利用しています。

知多市 U様
体調を崩してから医師にカロリーや塩分の制限をするように言われました
家族と同居してるのですが、私の食事分だけ毎回カロリーや塩分調整して料理を作ってくれ、家族に大変な思いをさせていました。夕食おかずセットは、食材が一人前個食でセットされてるので私1人分の食事には丁度良く、家族の負担を減らすことが出来ます

横浜市 I様
食品から重たい嵩張るものまで配達してもらって本当に助かっています。 食卓にもう一品なにか欲しいと思っても作ると材料が余ってしまうので、わんまいるさんの惣菜は助かります

座間市 N様
他の惣菜弁当を頼んだこともあり、わんまいるの惣菜セットも他所と同じと思い、あまり期待はしていなかったけど1セット1 セットごとに味がしっかりとしていて、1つ1つに個性があったことにびっくりしました。 また、冷凍なので食べたい時に食べられ、便利なので続けていきたいです

> 詳しい内容はこちらを


 

 

 

■【わんまいる】が冷凍惣菜を推し進めるきっかけはお客様の声でした!

昔から地方自治体と組んで、その地方の名産品を開発したり、販路を広げるためのお手伝いをしていた【わんまいる】。

 

その中で当時、ご当地名産品の開発に携わり、地方自治体と組んで島根牛(別名泳ぎ牛)を使った肉じゃがを販売したところ、「こんな惣菜を待っていたのよ!」「足腰が悪くて、近くにスーパーが無いからタクシーでスーパーまで買物に行っていたの」「冷凍なら買置きができて好きな時に食べられるわ!」新潟県や神奈川県、四国、九州と本当に数多くのシニア層のお客様より、喜びの声をいただきました。

 

私たちはお客様に地方の珍しい品やB級グルメとして地元で愛される商品をお届けしたつもりだったのですが、お客様からいただいたのは、「手軽に普通の惣菜を食べたいんだけどあんまり買い物も行かないし、料理をしても一人だから材料を余らせたり、作っても余るから食べたくても我慢してたの。でもこの惣菜、量も一人分だし、美味しいし、温めるだけで食べられるから本当にうれしい」と意外な感想と満面の笑み。

 

「がつんと殴られて、でもぱあっとお客様に何をするべきか分かりましたわ」と代表の堀田は当時を振り返ります。

 

そこから私たちの進むべき道が明らかになりました。

> 詳しい内容はこちらを


 

 

 

■【わんまいる】は進化する急速冷凍技術により、おいしいものを全国各地へ!

全国各地の旨いものの多くは、冷蔵。

 

冷蔵は、賞味期限が早い。

 

例えば、九州で有名なコロッケを北海道の方にも食べていただきたいと思うと、作りたてを飛行機で持っていくしか方法がありません。

 

でも、作りたてを急速冷凍すれば、冷凍便で全国にお届け出来ます

 

しかも、センターから一括で送るので、冷凍便の送料も他よりも抑えることが出来るんです。

例えば、肉じゃが

 

原材料にこだわり、味付け、調理方法にこだわって作りました。

 

それを冷凍して、解凍して食べると美味しくないんです。

 

しらたき、バサバサ。じゃが芋もさもさ。味付け、水っぽい。

 

冷凍にするには、冷凍の技が必要です

 

そこが難しいので、冷凍惣菜=不味いという印象を多くのお客様が持たれています。そんな折、1980年に当時フランスで話題だった画期的な真空調理法を日本へ持ち込んだ元阪急ホテル料理長で帝国ホテルを日本一にした料理の匠、石川シェフとの運命的な出会いがありました

 

わんまいるは、研究に研究を重ね、美味しい冷凍惣菜にたどりつきました。

> 詳しい内容はこちらを


 

 

 

■【わんまいる】の冷凍惣菜は「新調理法(フレツシュフローズン製法)」!

新調理とは、ホテルの披露宴や宴会の調理でよく使われている技法で、大量に調理する場合に均一の味を再現でき、なおかつ、使う調味料や油の量を減らすことができるヘルシーな「新調理法(フレツシュフローズン製法)」です。

 

材料と調味料を袋に入れ、真空にさせます。

 

真空にすることで、浸透圧がかかり、材料に調味料がしみます。

 

普通の調理と比べ、中までしみ込むので味がつきやすく、使う量も少なくすむんです。

 

また、焼き物、炒め物も真空にする前にサッと炒め、余分な油を落としてから使うので、油の量も減らすことが出来ます。

 

真空にした後でそれぞれの食材に適した温度で加熱をするので、栄養も損なわれにくくなり、旨みを中に閉じ込め、硬すぎず、柔な過ぎない適度な固さの料理になるんです。

 

お肉や貝って、火を入れすぎると硬くなりませんか?

 

新調理ならそんなことはありません。

 

それぞれの調理に合わせたメニューを最適な調理方法で作っているので、わんまいるの冷凍惣菜は美味しい。

 

しかも人工的な味付けや保存のために使う添加物も使わないので、体にもいいのです。

 

そして、旬の食材を使い、栄養バランスを考えた和・洋・中の多彩なメニューを、1週間5食の夕食おかずセットとして開発しました。

> 詳しい内容はこちらを